以前、ホノルルマラソンに出たいという考えがありホノルルまで一人旅を決行したことがあります。国内旅行はあちこちしていましたし、出張で出かけていたのでなんともなかったのですが、その時は海外旅行にまだ行った事がありませんでした。言葉の問題もあったので当初は不安で、行くか行かないか決定するのに少し時間がかかりました。ホノルルマラソンは昨今手軽に日本から出場される人が多くなり、手軽に行けるようになりましたが、私が行った頃はまだマイナーなマラソンでした。12月に行われるマラソンで、ツアーの最終予約は10月初旬が多く、自分で航空券やホテル、マラソンの登録をするよりJAL系列のツアーに入った方が楽に処理できますので、気持ちが固まり予約をする際にはJTBから即ツアー予約しました。予約したのが締め切りまじかの予約だったので、予約の空きも数件しかなく、ツアー自体も選べない状況でJTBの言われるがままのツアーになりました。ただし、面倒な事務処理や登録処理はJAL関係のツアーを選んだので、JTBの窓口で全部終わらせることができ、お金の入金を終えるとすぐにチケットその他を受領できました。オプショナルツアーも現地にてセレクトできるとの事でしたが、日本で済ませていきました。

成田空港からホノルルまで約7時間から8時間、税関の手続きや入国手続きは隣や近くの人のやっているのを見ながら何となくできました。飛行機の中ではJALだったので日本語オンリーで何の心配も無くホノルルへ到着。ホノルルからの移動もJAL関係のツアーだったので専用バスにて移動。あっさりホテルまで行きました。困ったのが、ホテルの受付です。英語です。しょうがないので片言の英語と日本語ですり抜けました。この旅行での失敗はキーを入れたまま部屋を出た事です。受付で身振り手振りで説明して開けてもらいました。セキュリティー関係の人の立ち合いの後、パスポートの確認などありましたがいい勉強になりました。ホノルルマラソンについても問題なく走り、オプショナルツアーも楽しんで充実した1人旅でした。この旅で感じたのは、ミールチケットを購入していましたが、チケットを購入しなくても大丈夫だと思いました。かえってチケット代の方が高くつきます。たくさんの飲食店があり、ホノルルで知り合いになった人達と昼食や夕食を食べると必要ありませんでした。お金もドルで購入しなくても円のままで購入でき(円高の時はドルに交換した方が良いですが)何の心配もいりませんでした。みんなが良くハワイの辺りは心配いらないと言われますが、本当になんとかなる旅行地です。羽目をはずしたり、添乗員さんの言われる事を守っていたらそんなに悪い事はおきませんので海外旅行の一人旅も有だと思いました。